スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2017年05月30日

6月のMMSSCの内容は、

ども、大豆生田”助衛門”留吉です。



先日、某フィールドのオーナー様から留守番を頼まれまして、

「どうせならマニアックなトレーニングでもかいさいしたら?」

と言われたので、サバゲー仲間数名に声をかけてコッソリとトレーニングを開催しました。




開催場所が地下室ということもあり完全な暗室になるので、普段では出来ないことも出来たので参加者は楽しめた(?)と思います。








さて、6月のMMSSCの内容は、索敵を行います。




前回は遮蔽物を使っての射撃を行い後半にはカッティングパイも行ってみたのですが、これが簡単なようで結構難しいものなのです。










どうせならキチンと身に付くまでジックリと行いたいと思います。










カッティングパイも室内エントリーの前段階で必須のテクニックですが、クイックピークも同時に必須のテクニックです。
今回は今後の内容の前段階としても重要になってきます。






















また今後暫くの間最初に安全管理に関することをやっていきます。


なので、指示があるまでマガジンに弾を篭めないでください。


よろしくお願いします。






開催日   6月4日 日曜日

時間     17:00~23:00

開催場所  MMS

参加費    ¥2500

参加資格  18歳以上

持ち物     ・プライマリー(アサルトライフル、サブマシンガン、ショットガン ガス、電動どちらでもOKです)
         ※ボルトアクション等の連射に向かないものはNG
        ・スリング (プライマリーには必ず取付けておいて下さい)
        ・セカンダリー(ハンドガン  ガス、電動どちらもOKです)
         ※法定初速オーバー、メタルスライド、メタルフレームのハンドガンはNGです!
        ・ホルスター 
        ・予備マガジン 2本(メインと予備合わせて2本以上お持ちください)
        ・BB弾 1000発程度
        ・アイプロテクション(シューティンググラスも使用可としますが、フルカバータイプのゴーグル推奨です)
        ・偏見のない心(One Open Mind)※重要





参加表明はMMSホームページ内のご予約フォームより、【フィールド貸切】のプルダウンを【Survivalgame Club】 に変更して入力お願いします。

※エントリーのないまま当日にいらっしゃってもご参加いただけないこともありますのでご注意ください。



初心者の方・サバゲー未経験の方も参加歓迎!

※レンタルガンの用意はありませんので、何かしら電動ガン、ガスガン等のエアソフトガンのご用意をお願いします。


ご不明な点・ご質問はコメント欄よりお気軽にどうぞ。



※ 同時開催、MMSシューティングクラブMMS for Beginnersもエントリー受け付けております!
 マッチやスピードシューティングに興味のある方はぜひご参加「ください。





  


Posted by 大豆生田”助衛門”留吉  at 19:04Comments(0)MMSSC告知

2017年05月28日

2017年5月 MMSSC活動報告

ども、大豆生田”助衛門”留吉です。












5月7日にMMSにて開催したサバイバルゲームクラブの報告です。


今回のサバイバルゲームクラブのテーマは遮蔽物でした。





単純に遮蔽物というとコンパネ等で造られたモノから、建物、フィールド内に置かれた車、フィールド内に生えている草木等々、といろいろ有ります。





今回は基本的な射撃姿勢やカッティングパイを行うために下に隙間があるバリケードを利用して行いました。





でも、その前に前回行った基礎射撃の復讐でブルズアイターゲットを使って各受講生のスキルの確認を行いました。




















各受講生共に前回よりも格段に精度が上がっている上に、「APS(精密射撃競技)をやった方がイイのでは?」と思うほど素晴らしいグルービングを出す方も。





そんな感じで射撃精度が上がってきたところで、今度はバリケードを使って射撃を行います。




今回はバリケードの下から、そして左右からと姿勢変換射撃を中心に行いました。













基本的な射撃姿勢を学んだことがない、特に膝下からの射撃姿勢を知らない場合はプローン(伏せ撃ち)をとるかたが多いと思います。



ですが、サバイバルゲームのように常に状況が変わる場合でのプローンはアンブッシュ(待ち伏せ)以外ではあまり向きません。


なので、











このようにモデファイドプローンでの射撃を行い、すぐ次に動けるように備えたほうがいいと思います。




この後バリケードからカッティングパイでの見かた・見え方を確認し、撃たれないようにしつつ撃つ方法を確認してもらいました。





一枚のバリケードでも色んな技術が必要と言うことを確認してもらえたと思います。






次回はこのバリケードからどう動くかを行おうかと思っていますが・・・・・・・違うことやるかもしれません。




ちょっと考案中です。








ではでは。













  


Posted by 大豆生田”助衛門”留吉  at 07:47Comments(0)MMSSC報告